2017年3月26日日曜日

私のつづりかた


 小沢信男 『私のつづりかた 銀座育ちのいま・むかし』 筑摩書房 1800円+税
 

 小沢は1927年東京銀座西の生まれ育ち。小学校2年生時代の作文が現存していた。絵もある。80年以上前の小学生の作文に、小さな歴史がある。小沢は当時の記憶を蘇らせながら、世相や歴史を重ねてみる。

「花デンシャ」の作文は、昭和101935)年468日に運行した「満州国皇帝陛下御来朝記念花電車」を家族と見に行ってのこと。

「トホクワイ」は徒歩会、体力向上のための運動、昼食後学校から官庁街をまわり日枝神社をめざす。休憩をはさんで下校時間に学校に戻る。

 課題の作文と自由作文がある。課題では学校行事の「エンソク」もあるが、「海軍記念日」や「慰問文」など戦争の影が濃い。自由作文では、友だちのこと、夏休みの家族旅行、銀座界隈のことなど、当時のまちの様子・風景が読み取れる。

 小沢の父はハイヤー業を営んでいた。露地をはさんで自転車屋、その隣は洋食屋だったが引っ越して、そのあとに本屋ができた。

《父は、毎月の「主婦の友」と「少年倶楽部」を、この店から届けさせていたのかな。事務所の棚には「キング」や「日の出」や、挿絵つきの仏教説話本などもあった。雑誌も本もおおかた総ルビだったので、私は手あたり次第読んでいました。》

 裏通りには、ガソリンスタンド、芸者置屋、金貸し、小料理屋、魚屋……、記憶をもとに当時の地図も再現している。

「ボクハ、ツマラナイノデ、タタミノ、トコロデ、ネコロンデ、ヰルト、オカアサンガ、ソンナニ、タイクツナラ外ヘ、イツテキナサイトイツタ(後略)」

 小沢はこの作文を、人生最初の自由作文、と書く。

《幼い体中に満ちてくるなにかがあって、いっそ畳にぶっ倒れ、じたばたそていたのだな。母親にさえ「ソンナニ、タイクツ」としかみえなくても、当人はそれどころではなかった。だがこの七歳児の気持を、その後に相応の言葉数をおぼえたはずの私が、どれほど代弁できるだろうか。》

 子どもながら言うに言えないものをかかえ、銀座界隈を駆けまわって哲学していたのだ。

(平野)
ほんまにWEB〈奥のおじさん〉更新しています。

2017年3月16日木曜日

諧調は偽りなり


 瀬戸内寂聴 『諧調は偽りなり 伊藤野枝と大杉栄 上・下』   
岩波現代文庫 各980円+税

『文藝春秋』に1981年1月号から83年8月号まで連載、84年同社から単行本、87年同社文庫。
 
『美は乱調にあり』は大杉をめぐる妻、恋人、そして野枝の恋愛関係がこじれて、恋人神近が大杉を刺すという事件でいったん終わった。本書はその続編だが、執筆再開まで15年かかっている。寂聴は資料を集め続けていたし、調べるだけ調べていた。野枝、大杉、甥の三人が殺されるところまで書くつもりだった。しかし、連載中から殺害実行者の甘粕正彦憲兵大尉について「善人説」が数多く寄せられ、彼の実像をつかみきれなくなった。

 寂聴は、別の小説のモデルにした料亭の女将と、その作品舞台化で女将の役をする女優から思いがけなく甘粕との関わりを聞いた。女将は甘粕の恋文を所有している。彼が軍の命令で殺したことを直接聞いていた。女優は満洲脱出の際、甘粕から別れにプレゼントをもらうが、宝石と思っていたら、青酸カリだった。甘粕は翌日自決した。死に方、自殺の方法についても諸説ある。

《様々な伝説が死にまつわる程、甘粕という人間は多角面を持った複雑な人物であったのかもしれない。
 その上、甘粕たちの供述だけで、大杉たちの虐殺の模様も、真相は曖昧なままだったのが、当時の死体を検死した医師の診断書なるものが、半世紀ぶりにあらわれるという事件もおこっていた。
 私は、もう、「美は乱調にあり」の後編を書くべき時が熟したのだと思った。》

 神近の服役とその後、辻潤の放浪、有島武郎心中事件、大杉日本脱出、権力による主義者弾圧、虐殺とその真相を書く。理想に燃え、権力に歯向かい、熱く生きた人物たち。
 御年95歳の寂聴は青少年に向かって「青春は恋と革命だ!」とアジる。政治の話をして最後に「恋をせよ」と訴える。
 寂聴と栗原康(『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』の著者)の対談収録。

(平野)

2017年3月7日火曜日

脈 第92号


 『脈』 第92号 特集 島尾敏雄生誕100年・ミホ没後10年 脈発行所 1200円+税
 
 

 梯久美子『狂う人』を読んで、作家夫婦の〈狂気〉を知り重い気持ちになった。本書で子息の文章を読んで辛くなる。

《あんなにぼくや妹に失礼極まりないことをやっておきながら、おとうさんとおかあさんは死んでからも、生前そうであったようにぼくのお金や精神や肉体を奴隷のようにこき使います。いいえ、そんなことが負担になっている訳ではありません。彼らはまだ死んでいないかのように不気味です。》

 彼にとっては「文学に夢中の人たち」も迷惑な存在。

《哲学も文学も科学も、毎日を穏やかに生きるものには迷惑なのです。彼らは言葉を支える嘘に鈍感で、思い込みを表現としているらしいのです。あーむかつく。書けば書く程、自分が悪人になったようで、ちっとも憂さ晴らしにはなりそうにありません。
 そんな気分のぼくが書いたものさえ、文学のネタになると思うなら読んでくださるのでしょう。》

 脈発行所は沖縄県那覇市の出版社。地方小出版流通センター扱いだが、沖縄以外で店頭に置いている本屋さんは少ない。京都の三月書房にはある。

(平野)

2017年3月5日日曜日

「もうろく帖」後篇


 鶴見俊輔 『「もうろく帖」後篇』 編集グループSURE  
 2700円+税

 鶴見(1922~2015)は生前「もうろく帖」というノートをつけていた(1992年から2011年)。思索のための覚書あり、本や詩歌の抜き書きあり。ノートは計23冊で、第1冊目は『もうろく帖』として2010年に刊行された。残りの22冊も鶴見がまとめる予定だった。遺族の協力を得て『後篇』として出版する。

 《二〇〇一年八月二七日
私の方法。高い地位にあがらない。党派に所属しない。
そうすれば、人にはばからず、ものがいえ、
いえないときには、だまっていることができる。》

《二〇〇五年六月二五日
現在の課題。自分のもうろくのなかで、自分のもうろくを見きわめてゆく。
つきあいをさらにせばめて、ののしりにたいして反論せず。》

 これまでのこと、老いのこと死のこと、友人たちのこと、本の感想……

《二〇〇九年二月一四日
それにつけても金のほしさよ と下の句をつければ、万能ということを、こどものころ読んだ。
今、私には、死は近いという上の句が、何について考えても、ついてまわる。》

 ノートの最後は20111021日。
《私の生死の境にたつとき、私の意見をたずねてもいいが、私は、私の生死を妻の決断にまかせたい。》

 6日後、脳梗塞で倒れ、言語機能を失う。読書は続けた。2015720日肺炎のため死去。

 SUREの出版物は基本直販で、置いている本屋さんは少ない。申し込みはこちら。


(平野)

2017年3月1日水曜日

海の本屋ちらし


 2日間だけの 海の本屋復活スペシャル》ちらし出来

 
 




講演会は下記にお申し込みください。参加費はどちらも1000円です。
 
トンカ書店 078-333-4720 13時~18時 火曜・水曜休
 
(株)くとうてん 078-335-5965 10時~19時 土曜・日曜休
 

(平野)古書波止場、おかんアートもある。
んで、イラストのおっちゃんは誰やろ?

 
 

 

2017年2月28日火曜日

書店員の仕事 予告


 『書店員の仕事』

NR出版会は人文・社会科学系の小出版社で構成。広告、販促などを共同で行っている。毎月書店向け「新刊重版情報」を発行、巻頭で《書店員の仕事》を7年半にわたって連載している。今月号で一旦連載終了し、単行本になる。

最終回はいわき市鹿島ブックセンター・鈴木さん、「変わらずにあり続けてくれたもの」。


 

本は新泉社から、3月下旬予定。書店員59名が店頭から、本のこと、仕事のこと、お客さんのこと、被災地のことを伝える。

(平野)すみません、元書店員も出てきます。

2017年2月26日日曜日

みなと元町タウンニュース


 『みなと元町TOWN NEWS No.295』 
みなと元町タウン協議会発行

 元町商店街と地域の住民・企業で構成。周辺のまちづくりを考える。月刊ニュース(A3判ふたつ折)を発行、配付している。
 今号のトップニュースは、
3/18(土)・3/19(日)神戸開港150年記念〈海の本屋〉イベント開催!!》


 トンカさん執筆。
140年の歴史をもつ神戸元町商店街は昔から多くの本好きが集まってきた場所であり、数多くの文学者や小説家を排出した神戸の中心地としても、今回の開港150年の「神戸と本」にまつわる講演や新刊・古書販売のイベントとしてふさわしい会場である。〉
 第二面は平野の《海という名の本屋が消えた(40)》。今回は元町商店街にあった三星堂薬局喫茶部のこと。



(平野)
 商店街のWEBサイトがリニューアル中で、現在バックナンバーは読めません。